木枯らしが吹く頃に抜け毛がたくさんになりのは本当?

真夏の間強い紫外線に我慢してきた髪が弱まってしまう木枯らしが吹く頃は、抜け毛のシーズンは本当なの?
暑い季節に日差しによって感じ取ったダメージが、秋に出てくる 「秋が発生すると突如抜け毛の数が増大する」のは、秋が予想以上にホルモンバランスが崩れやすいシーズンだからです。

冷たいものばかり摂取したり、クーラーでの身体の冷やしすぎ、当然日中の間に浴びる強い陽射しもあります。夏のシーズンのダメージによってホルモンバランスがおかしくなり、その影響が秋になって脱毛といった形で出てきます。

髪が多量に抜けるシーズンをやりすごす攻略法は、夏の過ごし方、体調管理に出てきます。摂取し過ぎを慎み、必要な物の他にからだを冷やしすぎないこと。髮も、身体の一部なので、身体に良くないことは、髪にも悪いのです。

日焼け止めに助けを借りるより、帽子や日傘で強い陽射しをカット 洋服でカバーされてなくて、身体の一番高い配置にある髪や頭皮は、体全体のなかでもとりわけ強い陽射しの危険性の高い部分、メラニン色素に保守されているとはいえ、紫外線のダメージを食らった皮膚や頭皮は代謝が悪くなって、どうしても老化が進んでしまうわけです。

紫外線は曇った天気の日でも天気がいい時と比べて8割程度の量が地表にやってくると言われています。とりわけ夏の最中の昼間に外に出かける時は、それなりの紫外線対策をしておいたほうがいいです。 

かと言って、街の中で浴びる程度の紫外線なら、日焼け止めなんかを使用しなくても、帽子や日傘でかなり引き下げられます。帽子はつばが広く、通気性が良好のものをセレクトしましょう。どうにか紫外線をカットできても、頭皮が汗でむれてしまっては、逆に髪にはダメージです。

 頭皮の露出度が高い(髪が薄い人)は、一般の日焼け止めを使うのも助けになりますが、かぶれが出てくる人もいるので、使う前には、パッチテスト・(試し塗り)をやってください。

また、SPF値が高いものは、皮膚への負荷も強いので、何でもかんでもSPF値が高いものは、使川をやめるのが無難だと思います。※SPFは紫外線防御指数のこと。

ベルタのシャンプー 口コミ

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: シャンプー パーマリンク